インフォメーション

ろうそく夜 からのおしらせ

【新年からの営業について】

f:id:rousokuyo:20200101210929j:image

 


ろうそく夜からの、急なお知らせです。

 


ろうそく夜は2020年1月より、営業日が変更になります。

 


家族の生活スタイルが変わることになり、それに伴い必然的にそうせざるを得ない状況です。

大変ご迷惑をおかけすることになりますが、どうかよろしくおねがいいたします。 

 

 

営業日

月、火、木、金

 

定休日

水、土、日

 

 

*新年は1月6日(月)12時より

(6日のみお昼ごはんはありません)

 

7日より、通常営業となります。(11時〜)

 

ぎりぎりのお知らせになってしまいますが、これからも細々と続けてまいりますので、よろしくおねがいします。

 

店主

 

 

2019年、ありがとうございました

f:id:rousokuyo:20200101211536j:image

 

 

今年もたくさんの方がここを訪れてくださいました。

ほんとうにありがとうございました。

 


ここは、人が何かと出逢えるところなのかも知れません。

これまでにここを訪れた人が

「出逢った」瞬間に立ちあえたことが、

どれだけあっただろう。

わたしはそれを見たくてここにいるのかも知れません。

 


来年もみんなの

はじまりの瞬間を見るのが

楽しみでなりません。

 


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

あたため★ナイト

f:id:rousokuyo:20191225202008j:image

 


f:id:rousokuyo:20191225202003j:image

 


f:id:rousokuyo:20191225202015j:image

 

 

大人げ☆ナイトのプチ企画やります。

題して「あたため★ナイト」。

 

ナミちゃんのあったかいくつ下屋がやってきます🧦。ナミちゃんは、大人げない仲間のひとりで海部町に暮らしています。ロシアやモンゴルからやってくる靴下は、ガチで寒い国のものなので、そんじょそこらのあったかいのとはレベルが違います。ラクダと羊毛で紡がれた(カシミア入りもあり)自然素材100パーセント。

はじめて履いた時から手放せないものとなりました。

そして、年の瀬ということで

ナミちゃんの作ったお米の稲藁で仕上げた、しめ縄も販売します🌾

耕さず、薬、肥料を施さず、自然によりそいながら育った稲藁を使ったしめ縄です。
稲が育ってきたや風景が見えるような素朴な風合いをお楽しみください。

こちらもナミちゃんのセンス全開✨

めちゃカッコいいです。

 

 

f:id:rousokuyo:20191225201847j:image

 


f:id:rousokuyo:20191225201852j:image

 


f:id:rousokuyo:20191225201842j:image

 

 

 

 

そしてフードはわたしたち、大人げ☆ナイトが。

 

f:id:rousokuyo:20191225201914j:image

 

自家製のあんこや甘酒、豆腐クリームで仕上げたモーモーチャーチャー(大人げ☆ナイト風)

ゆずジンジャーやブレンドハーブティ

そのほか。

あたためメニューをご用意してお待ちしています。

日曜日の昼下がり、のんびりとストーブにあたりがてら、あそびにいらしてくださいね!

 

あたため★ナイト

12月8日(日)

12時〜17時ごろまで

場所 ろうそく夜

 

 

数に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

 

お寺 de ヨガまつり 2019

f:id:rousokuyo:20191024112912j:plain

 

 

今年も東林院にて、お寺deヨガまつりを開催いたします。

ろうそく夜は、いつものメニューではなく

「大人げ☆ナイト」(わたしのもうひとつの活動ユニット)で

豚汁セットをご用意する予定です。

 

毎年大晦日に、大人げ☆ナイトで除夜祈祷会のお接待で

この豚汁とおぜんざいやコーヒーをお出ししているのですが

その宣伝もかねて、相方のなおちゃんと一緒に

豚汁セットとチャイをご用意してお待ちしています。

 

詳細はフェイスブックページからご確認ください。

www.facebook.com

 

 

 

パンの日再開します!

f:id:rousokuyo:20190926162006j:plain

 

10月1日(火)11時より

毎日酵母パンattaさんの月いちパン販売の日を

再開させていただきます。

ようやくすずしくなってきたのでね〜

 

私のベストオブアッタである、栗の渋皮煮とくるみのおやつフォカッチャは

今回はあるそうですよ。

たんまり焼くようにとオーダーしてますので(反映されるかは別として)

お楽しみに!!

 

月いちパンの日は、月いちで行なっていますが

予定は毎回行き当たりばったりで決めるので

ぎりぎりのお知らせていつもすみません。

 

パンを使ったランチプレートもご用意する予定です。(限定数あり)

 

袋はご用意しておりません。

マイバッグのご協力をよろしくお願い致します。

 

夏至の日の、大人げナイト

f:id:rousokuyo:20180101235205j:plain

 

《満席となりました》

今週末ですが

6月22日(土)夏至の日の夜(18時から20時ごろまで)

私たち「大人げナイト」が、ちょっとやりすぎなおばんざい屋をやります!

大人げないわたしたち(なおちゃんとわたし)がお料理をこしらえて

ろうそく夜にてお待ちしておりますので、ぜひあそびにいらしてくださいね。

といっても完全予約制なので、予約を入れてからお越しください。

 

そしてさらに、鳴門の母、パームリーディングのくろさわじゅんこさんの

ミニ鑑定もついています。

 

夏至の日にろうそくかこんで、ごはんかこんで、ワイワイしますよ〜

 

みんなに「これはやりすぎ〜」と言ってもらえるように、やりすぎます✊

 

日時: 6月22日(土曜日)夏至のひ

    18時〜20時ごろまで 

*ご予約を頂いた方は時間内でしたら何時にいらしてくださっても構いません

 

場所: ろうそく夜

 

参加費: 4000円

     おばんざい数種、ごはん、汁物、デザート、ドリンク2種、

     ミニ鑑定が含まれます。

     調子がよければ、大人げナイトのライブ付き💖

 

定員: 10名

 

 

申し込みはメッセージか、ろうそく夜まで
090-2894-6271
rousokuyo@icloud.com

 

 

 

f:id:rousokuyo:20190617214744j:plain

くろさわじゅんこさんの詳しいことはここから

ameblo.jp

おはなし会「羊飼いの詩 ~ 四国 第2番 鳴門」

f:id:rousokuyo:20190617205510j:plain

 

《満席となりました》

 

 インドのヒマラヤの麓の外国人を受け入れない小さな村にて、
羊飼いと暮らし、自分の手で毛刈り、洗い、糸を紡ぎ、織物や編み物を習い
作品を生み出だす柴田睦海さん。


彼女には、まだ会ったことがないのだけれども、
友人を通じ、彼女のつくりあげたものの写真をみたときに
どこで、だれが、どのように羊を育て、、、と、
その工程全てがわかり、
そこに関わる人々の
日々の営みや息遣いが感じられるようでした。


そんな彼女が初めて四国に来てくれます。
ろうそく夜のお昼ごはん(!)を食べながら
睦海さんを囲み、
彼女の響きに出会いにきてください。



日時:6月30日(日曜日)
    11時から14時くらいまで

参加費:2200円(ろうそく夜のお昼ごはんつき) 

定員:10名

*今回は睦海さんの作ったショールや靴下などの販売はありませんが、

  受注することは可能です。




+ + +  柴田睦海さんの紹介  + + +


現代社会に疑問を抱き、自然と共に生きる、真実の暮らしを求めて、

バックパック一つで旅に出たのは、11年前。
日本各地を回り、第一次産業やパーマカルチャー、

菜食主義、自然療法、田舎暮らし、ヨーガや瞑想への知識を深める。

3,11をきっかけに世界の大自然や、ネイティブの暮らしに憧れて、

あてなき、放浪と探求の旅が始まる。

カナダ、米国、オーストラリア、アジア諸国を旅をしながら、模索する日々。
先進国ではグローバル化が進み、自然への破壊もすさまじく、たくさんの疑問を抱く。
それと同時にどの国へ行っても、素晴らしいご縁と美しすぎる自然が私を導き、育んでくれた。
政治的な部分や、環境破壊について調べれば調べるほどに、己の無力さに何度も絶望し、悲しみ。
旅を続ければ続けるほどに、より深い大自然の中に生きるようになっていった。

そして、初めてインドを訪れたのは5年前の事。
たまたま訪れた、ヒマラヤの麓の村で糸を紡ぎ織り物をする山岳民族の暮らしに出会いました。
美しすぎる雪降る冬のヒマラヤで、糸を紡ぎはじめ早いもので5年が経ちました。
最初の4年は、ゆっくりと。作品を売ることも無く。ただただ、作り続けた日々。
ヒマラヤ遊牧の羊飼いに出会い。羊のエサの草刈り。毛刈り、洗い。紡ぎ。織りを共に暮らす日々の中から学んでいました。
何度も襲ってくる、自分の未熟さと無力さに打ちのめされそうになりながら。

今、住んでいるのは、道路のない人口100人の小さな村。羊飼いの大家族の家の一部屋。
50年前、100年前、そのまた昔のから変わらぬ生き方を続ける村の暮らし。
本当の循環する地球と調和した生き方をする彼らの日々に、今まで先進国を回って学んできた本当のエコロジックな生き方知りました。

私を圧倒してきた、答えの出ない無力感から解放してくれたのは、彼らの日々の営みでした。

今回、“羊飼いの詩” と言う題名で、その日々に書き留めた詩と美しい写真を持って、日本を再び旅することになりました。

日本へ帰ってくる飛行機は、私にとっては未来へ向かうタイムマシーンのようでした。
同じこの星に、文明社会と調和して、欲に紛れず、誇りを持って、先祖からの暮らしを受け継ぎ続ける彼ら。
私たち現代人が忘れてしまった生き方に、私は、大きな光を見出しました。

もう一度、人間が人間らしく誇り高く生きれるように。
すべての命が幸せに生きれるように。
5年をかけて、私が、彼らの暮らしから、ヒマラヤの大自然から学び、感じた事をお話しさせてください。

みなさまにお会いできる日を楽しみにしています。



申し込みはメッセージか、ろうそく夜まで
090-2894-6271
rousokuyo@icloud.com

 

 

f:id:rousokuyo:20190617205438j:plain

 

 

f:id:rousokuyo:20190617205503j:plain

 

f:id:rousokuyo:20190617205454j:plain

 

 

f:id:rousokuyo:20190617205445j:plain