読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

改修日記

お店ができるまで

f:id:rousokuyo:20160213150152j:plain

 

 

f:id:rousokuyo:20160213150202j:plain

 

 

新しい場所となる小さな小屋は

大きな大きなクスノキの根元にあり

まるでツリーハウスのように

クスノキの根っこにひっかかって

ゆがんで立っている。

 

小屋に窓をつけるために

大工さんが水平に窓枠をはめると

小屋がどれくらいゆがんでいるかがわかる。

ゆがみをなおすために

手間と時間とお金をかけて

小屋を強制的に水平にすることも可能だけど

そもそも

地球はまるいのに

水平とかまっすぐとか平行とか

なんのために必要なの?

そんなふうにおもったら

あとからここで、小さな喫茶店させてもらうわたしらが

そんなクスノキの根っこを否定するようなこと

できんなあと考えるわけで

ゆがみはゆがみのままで

いい感じにおいとくことになりました。

 

モルタル仕上げの床には

さいごの乾きかけのころに

猫ちゃんらしき足あとが。

だんなが「神さまが見にきたんかもしれんけん、

(そのまま)おいとったほうがええよ」というので

それもそのままで。

 

なんて大らかな建物でしょう。

ますますここが大すきになりました。

 

 

f:id:rousokuyo:20160213150210j:plain

 

 

f:id:rousokuyo:20160213150226j:plain

 

f:id:rousokuyo:20160213150241j:plain

 

 

 

広告を非表示にする